【生物】深海魚リュウグウノツカイ、解剖で「オス」と判明 謎の臓器も…[05/16]

1: ぱぐたZφ~依頼◆FdDsU0B5ivx5 2014/05/17(土)00:04:49 ID:V4Y2MRHr5
 京大は生態がほとんど分かっていない深海魚「リュウグウノツカイ」の解剖を公開。機能がよく分かっていない臓器の組織も採取した。

 京都大は15日、大学院の教育プログラムの一環として、深海魚「リュウグウノツカイ」の解剖を京都水族館(京都市下京区)で実演し、一般の来館者に公開した。リュウグウノツカイの生態はほとんど分かっておらず、解剖を一般公開するのは珍しい。

 この日は、同館の大水槽前にステージを設置。京都府北部の丹後半島沖で昨年末に漁船の網にかかっているのが見つかったリュウグウノツカイ(体長約2メートル)など深海魚2匹の標本を解剖した。想定を大幅に上回る約180人の来館者が、作業を見守った。

 同大舞鶴水産実験所の田城文人研究員が、ハサミやメスを使って腹側を切り開き、胃や腸などを観察。同大大学院理学研究科の阿形清和教授が、組織からDNAを抽出する最新の技術などを解説した。

〈以下略〉

ソース
iza
http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/140516/lif14051610080003-n1.html

引用元: 【生物】深海魚リュウグウノツカイ、解剖で「オス」と判明 謎の臓器も…[05/16]

続きを読む

【ブラジルW杯】外務省 W杯観戦は最大限の注意呼びかけ 強盗発生率は日本の400倍 犯罪手口は凶悪[14/05/13]

1: ◆sRJYpneS5Y 2014/05/14(水)01:47:24 ID:uIqjne3Lu
外務省は12日、来月開幕するサッカーワールドカップ(W杯)
ブラジル大会を現地で観戦する邦人に向け、治安情勢について
注意喚起を行う「スポット情報」を発出した。「世界的に見て
も非常に高い頻度で犯罪が発生。犯罪手口は凶悪」と分析し、
強盗や短時間誘拐の危険性を強調し、注意を促している。

 また、外務省はトラブル対処のため、日本の試合が行われる
会場周辺に臨時の「邦人保護連絡事務所」を設置することにし
ている。



以下続きはこちらから
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140512/plc14051217280016-n1.htm


依頼です。
◆◆◆ニュー速+ スレ立て依頼所 2◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1398350440/611

引用元: 【ブラジルW杯】外務省 W杯観戦は最大限の注意呼びかけ 強盗発生率は日本の400倍 犯罪手口は凶悪[14/05/13]

続きを読む

【アメリカ】死んだ母の側で鳴いていた熊、生後2か月ほどで保護されすくすく成長。

1: トラネコ◆EDwr815iMY 2014/05/15(木)20:08:19 ID:lgeuQVY7h
死んだ母の側で鳴いていた熊、生後2か月ほどで保護されすくすく成長。
ナリナリドットコム:ニュース一覧
2014年5月15日(木)18時52分配信

米国でいま、広く注目を集めている1頭の子熊がいる。4月からカリフォルニア州の動物保護施設で世話をされている、生後3か月ほどのメスの熊“タホー”だ。4月中旬、タホーはクマの保護活動を行っている団体の事務所前に置かれていたところを発見され、謎の人に助けられた幸運な子熊として注目の存在となり、いまでは保護施設側がFacebookや動画などで日々の様子を紹介。その愛らしい姿で、人気も集めているようだ。

米放送局ABC系列KXTV-TVやCBS系列KPIX-TVなどによると、タホーは4月15日、カリフォルニア州のタホー湖西岸にある熊の保護団体「ベア・リーグ」事務所前で、かごの中に入れられた状態で発見された。置いて行った人物は、対応してもらえる場所を選んだつもりだったようだが、ベア・リーグは熊の性質を市民に広める「教育」を主に行っている団体だそうで、その後タホーは野生動物の保護施設へと運ばれたそうだ。

施設へ運ばれてきた当時、生後2か月ほどと見られ「かろうじて歩ける」程度に幼かったというタホー。まだ歯も生えていない“乳飲み子”だったため、施設関係者は助けられていなければ「恐らく死んでいただろう」として、タホーを発見して運んだ謎の人物に「感謝している」と話している。

「残りの人生を動物園や保護施設で過ごしてほしくない」と話す施設側では、タホーができるだけ野生の状態を保つよう慎重に世話を続け、毛や血から採取したDNAから「出身地を特定して」(米紙ニューヨーク・デイリーニュースより)、1年後に野生へ戻す予定だ。
(以下、略)

no title


詳細のソース
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1068806?news_ref=top_latest_int

引用元: 【アメリカ】死んだ母の側で鳴いていた熊、生後2か月ほどで保護されすくすく成長。

続きを読む