1: 今北産業◆7vLC6nP7hI 2014/05/08(木)11:17:21 ID:basrRe4ze
(一部抜粋)
つまりは、こういうことだ。「New Scientist」も報じているように、
年齢とともに、消耗して死んだ組織の交替や再生の能力が使い尽くさ
れるのだ。造血幹細胞のような幹細胞の、老化した組織を補う再生能
力がなくなる。

ヘンドリック・ヴァン・アンデル・シッパーに起きたのは、まさにこ
れだった。実際、死の少し前にこの女性に対して行われた血液分析は、
血液中を循環する白血球が、わずかふたつの幹細胞のみから生み出さ
れていたことを示している。科学者たちが指摘するように、大部分は、
彼女の長い生涯の間に死滅していたのだ。

(略)

この研究から考えられることは、(恐らくは)年齢によって生じる幹
細胞の困窮化とその後の枯渇が、若いうちに採取した幹細胞の注入に
よって阻止できるかもしれないということだ。


全文はこちらで……

死にゆく人の血液のなかで起きていること
http://wired.jp/2014/05/05/telomere/
WIRED 2014.5.5 MON


【参考ニュース】
【医療】若い血液の輸血で認知機能が向上、マウス実験で確認[05/05]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1399257650/

引用元: 【科学】死にゆく人の血液のなかで起きていること[05/05]

続きを読む